会社概要

 印刷・料紙・情報加工という3つの分野で展開する二葉グループの事業。

 思いつきや流行に流されず、技術と創造・開発と文化で貢献している企業として広く評価されてきました。

 商業印刷業界は今、「売る」為の印刷としての理念は確固たるものとし、かつ、時代とともに高まるお客様のニーズに迅速・的確に対応できるよう求められています。

 多種多様なお客様のニーズにお応えできるよう、私達は日々成長し続けています。

商号/二葉印刷有限会社
総務・経理/広島県福山市霞町三丁目4番26号
営業・工場/広島県福山市山手町五丁目29番19号
東京営業所/千葉県船橋市駿河台2-31-43
創業/昭和24年12月
設立/昭和30年12月
代表者/代表取締役社長 淺田英史
資本金/38,000,000円
従業員/34名

アクセスマップ

沿革

1949(S.24)
広島県福山市霞町(現本社)において石版印刷を開業する

1951(S.26)
写真製版部門を開設

1952(S.27)
広島県豊田郡瀬戸田町に工場を設置製函をはじめる

1953(S.28)
菊全判オフセット印刷機を導入

1955(S.30)
会社組織に改める資本金500,000円

1956(S.31)
写真植字機を導入 書道手本「芦辺」創刊

1962(S.37)
カラー製版の研究開発に着手

1963(S.38)
工場を山手に新築移転

1965(S.40)
増資、資本金2,000,000円になる

1970(S.45)
かな書道料紙を開発し販売を開始
デザイン写植部門を分離、愛広設立

1971(S.46)
増資、資本金5,000,000円になる

1973(S.48)
増資、資本金10,000,000円になる

1976(S.51)
工場増築(株)愛広を同一敷地内に移し、工程の一貫化を図る

1977(S.52)
増資、資本金20,000,000円になる
書道手本 月刊「笹波」創刊

1979(S.54)
工場増築
カラースキャナ導入

1980(S.55)
増資、資本金38,000,000円になる

1983(S.58)
書道手本 月刊「書の心」創刊

1984(S.59)
カラースキャナ更新

1987(S.62)
カラースキャナ更新

1988(H.元)
菊半裁4色機を増設

1991(H. 3)
菊半裁4色機を増設

1992(H. 4)
Macintoshのテスト運用開始

1993(H. 5)
新社屋完成 菊全2色機更新 製版システム更新

1995(H. 7)
フラットベットスキャナ導入

1996(H. 8)
イメージセッター導入

1997(H. 9)
断裁機更新・コンポーザー更新

1998(H.10)
イメージセッター増設

1999(H.11)
フラットベットスキャナ増設

2000(H.12)
菊全判4色機(反転)増設 CMSデジタルプルーフ導入

2002(H.14)
CTPワークフロー増設

2004(H.16)
CMSデジタルプルーフ増設

2005(H.17)
B2ワイド判4色機(反転)更新
CTPワークフロー更新
検版システム導入

2007(H.19)
Macサーバーシステム導入

2008(H.20)
PODシステム導入

2009(H.21)
フラットベットスキャナ更新

2011(H.23)
CTPワークフロー更新